2005年02月14日

値はたしかに動いてる。でもその波に入れないよー!

 
 株価の動きをチェックすることができるようになり、上がったり下がったりを繰り返す株価が、さながら波のうねりのように見えてきた。僕らは無名のサーファー。うまく波に乗るくらいじゃ、上へはのし上がれない。いつ来るともしれないビッグウェーブに乗るんだ。みんながアッという波乗りをしてやるんだ。

 じゃないと、資金が増えていきません。5万円ですから…。

 絞った2社の動向を探り(と言っても株価をノートに書いてるだけですが)、ようやっと1社に決めました。ここまでとても長い道のり。もうすぐ憧れの株運用ができるかと思うと、感無量であります。

 決めたとなると、すぐに買わないと気がすまないのがB型。というわけで、僕もすぐに買いに走りました。(と言っても本当に走ったわけではなくて、真実はネット証券のページにアクセスしている最中に小躍りしていました)

 現在の株価をチェックしてから「注文」の画面へ進むと、色々と入力するフォームが表示されています。
 まず戸惑ったのが、「通常」と「逆指値」の違い。逆指値というものを知らないので、とりあえず無視。一般人は通常に限りますよね。
 それと「指値」と「成行」。フォームを見ているとなんとなく分かるんですが、自信が無いので調べました。

 指値 → 自分で買いたい(売りたい)値段を決める。
 成行 → 自分では値段を決めない。流れに身を任せる。

 どっちの方が良いんでしょうねぇ。普通は悩むところですが、今日の僕は違います。瞬時に指値に決定!なぜなら、買おうとしている株がジャスダックだったからです。僕が口座を作った証券会社では、ジャスダックは指値取引しかしていないとのこと。こりゃ決める手間が省けて良いわ。

 とりあえずフォームの入力はすべて出来るようになったので、買い注文。『注文受け付けました』とのこと。

 こーんなに簡単に買えちゃうのか。

 とルンルン気分でいたのもつかの間。一向に株を買ってくれない。2時間ごとに取引の照会をしているのに、ずっと注文中の表示が…。「ちゃんと仕事しろよー!」と証券会社に電話しようかと思いましたが、僕は紳士なのでそんなことしません。(紳士とは勇気が無い人のことを指します)

 結局この日は株を買うことができませんでした。しかしガックリしつつも原因を探り、やっと分かりました。僕は株の仕組みをまだまだ理解していなかったんです。

posted by みつひろ at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ¥超簡単 株入門¥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。