2005年03月17日

eワラントは商品です

 
 それではeワラントの具体的な話しに入っていきますかね(´▽`)


 株価などの価格が、満期の時にボーダーラインよりも上がっているか下がっているかを当てるのがeワラントでしたよね。

 でも、自分で勝手に予想することはできないんです。

 例えば、「A社の株価は500円だけど、6ヶ月後にはかなり上がってると思う」からといって、『ボーダーラインが500円で、上がった分だけ貰える』条件のeワラントを新たに作ることはできません

 eワラントは商品なので、最初から条件が決まったものが販売されます。僕たちはそれを買って、当たったときにお金と変えてもらうんです。

 と言っても、色々な条件のものが出回っているので、そんなに不自由ではありませんよ。


 具体的にeワラントにはどんな条件が付いているかと言うと、

  対象銘柄・型・権利行使価格・満期・販売価格現値・買取価格現値

 こんな感じです。

 多分、この記事を読んでいる人の大多数はeワラントにあまり詳しくないと思うので、条件を並べても何が何やらだと思います。でもこれを知っておかないと先には進めないので、一つか二つずつ説明していきたいと思います。

 文章ばっかだと読みづらいですかね…?
 


☆eワラントの必勝本☆

<著者はこんな人>

藤井 英敏

株式会社フィスコ執行役員リサーチ部長。株式先物市場中心に日本株全体についてコメントしている。雑誌をはじめとするメディアへの露出も多く、名実共にフィスコの顔といえる存在。


黒岩 泰

株式会社フィスコリサーチマネージャー株式担当。テクニカルアナリストとして従事しており、テレビ・雑誌などで幅広く活躍中。「窓・ひげ理論」、「ストップ高の法則」などオリジナル理論を展開、個別銘柄の的中率の高さには定評がある。本業であるテクニカルアナリストの資格のほか、証券アナリストの資格も有しており、ファンダメンタルズ分析にも精通している、オールマイティなアナリスト。
posted by みつひろ at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ¥超簡単 eワラント入門¥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。