現在、ブログをこちらに引越し中です。。。
http://molab.blog50.fc2.com/

2005年03月03日

【株入門】
12.荒れてる企業が宝の山に見えますなぁ。

 
 ライブドアとフジサンケイグループの攻防はいつまで続くんですかねぇ。ちょっと前までの、NHKとテレビ朝日のケンカはどうなったんでしょうか。何の音沙汰もありませんけど。報道なんて面白ければ記事にするだけなのでしょうか。

 と、ちょっとエラそな事書いたのにも訳があるんです。


 僕、学校卒業が確定しました!


 いやぁ良かった。マジで。この5年間、何度危ない橋を渡ってきたことか…。ていうか、うちの学校5年制って長すぎ。クラス替えくらいしろ。

 まぁいいや。というわけで、最近更新できなかったのは、卒論審査とか色々あったからなのでした。卒業も決定し、3月いっぱいは暇な日も多少は増えるわけで。株の勉強、お金の勉強、その他諸々を思う存分やっていけるのです。

 でも暇になると、勉強しないんですよねー…


 さて、ライブドアやっぱ良いよ。あんた最高!この会社のおかげで、累計収支は大幅なプラスとなっておりますです。

 まぁ大幅っていっても、大したことないんですけど。運用金5万だしね。

 それで、今日またまたライブドアの株価が変動しそうなニュースが流れました。

 ニッポン放送:ライブドアの時間外取引で調査申し入れ ―MSN-Mainichi

 自分の会社だったら大変なんだろうけど、高みの見物は楽しいものです。

 
posted by みつひろ at 17:08| Comment(2) | TrackBack(0) | ¥超簡単 株入門¥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

いきなり大波が押し寄せてきました。

 
 実は、この『株入門』はリアルタイムに進んでいるわけではありません。実際に起きた出来事には間違いありませんが、僕の記憶の糸を手繰り寄せながら、必死に書いているのです。
 と言うと、かなり昔のことのようですが、誤差は10日程度。書くことも少なくなってきたので、そろそろリアルタイムになりそうです。(もうちょい頑張れよ、自分)

 で、なんでこんなことを暴露したかと言うと、あー、社名言っちゃっていいかなー?まぁ言わないと話し進まないし、別に良いよね?ライブドアのことを書きたかったからなんです。

 ライブドアが800億円の資金で、ニッポン放送の株を時間外取引にて買った日から、僕は待っていたんです。案の定、株価はずんずんと下がっていきました。あまりにも急激に下がるものだから、友達はみんな「ライブドア潰れんじゃね?」と騒いでいました。

 甘い甘い。絶対に盛り返すに決まっているじゃないか。だって、ホリえもんは、あの村上ファンドの村上氏が認めた人物ですよ?必ず株価が上がるような手を打ってきます。(ちなみに村上氏のことは良く知りません)

 何の根拠もなく、株価は必ず上がると信じて疑わない僕は、ひたすら下がるのを待ちます。

 390円… 382円… 371円… 355円…

 そして4日が経ち、株価は340円台。まだ下がると思ったので、買いの指値は思い切って320円。買えないかなー。なんて思いつつ待っていると、買えちゃうもんですねぇ。出来高も高かったのが良かったんでしょうか。

 買った途端に、ライブドアの株は値を上げます。次の日には360円程度まで回復。でもまだ売らない。次の日、380円を超えたところで、売り:380円。即座に約定です。

 うぉぉぉー!3ケタの株が3日足らずで60円も上がったー!!これを大波と言わずしてなんと言うのでしょうか。いや、ホントはこのくらい普通なのかもしれませんが、初心者の僕には分かりません。普通に驚きです。


 でももっと驚いたのは、僕がライブドアの株を一株しか買っていなかったことです。


 一株300〜400円の株を、ライブドアは一株単位で買えるんです。だから僕は、あんな冒険ができたと言うわけなんです。ほんとチキンだな、自分。もっと買っとけよ、自分!

 この日の収支 +60円也。
posted by みつひろ at 21:24| Comment(4) | TrackBack(0) | ¥超簡単 株入門¥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月22日

売り時が分からない…初めての損?

 
 買った株はいつ売れば良いのでしょう?そりゃ、買ったときより株価が高いときに売るに決まってます。とくに僕なんか初心者ですから、利益はほんのちょっとで良いんです。初っ端からビックウェーブを待って、じっとしてる勇気もありませんし、そんな波が最初から来るとも思ってませんよ。そう、最初はちょっと株が上がったら売れば良いんだ。簡単なことじゃないか。

 株価が1円も上がらなくて困ってるんだよー!

 やっちゃいました、どうやら。今まで順調に上がっていたF社の株は、僕が買った値段を最高値として、軽快に下り坂を滑っています。

 「パパ〜、おっきなスベリ台だよー。わーい!」

 わーい わーい わーい…

 無邪気な株価が憎らしい。

 ここで僕は考えます。(矢印以下はその後の展開の想像です)

 A.このまま株を持ち続ける。 → もっと下がっちゃったよ、トホホ…。
 B.この際、売ってしまう。 → 売った途端に株上がってんじゃん!ムキー!
 C.F社にいやがらせ。 → 捕まりました。

 いま何をやっても怖いという状況です。(Cはいつやっても怖いですが)

 僕だけの判断ではどうにもならなかったので、先人の教え(書籍)に従うことにしました。

 上がるのを待っている株は、下がりっぱなし。

 ホントはうまい言い回しがあったんですが、忘れちゃいました。
 買った値よりも下がってしまった株に限って、いつか上がるだろうと待っていても、なかなか上がってくれないことが多いのだそうです。ふーむ、そうなのか。

 というわけで、思い切って売っちゃいました。しちゃいました。

 でも初心者は最初に失敗したほうが良いって話が、色んな本に書いてありますよね。僕は良いことをしたんだ。別に良い行いはしてませんけど。
 それに損したって言っても、1500円だし。小額投資だと損も小さくて良いわ〜あははは。(得も少ないのよ)
 まぁ、気持ちも入れ替えたし、損は損としてしっかり今後に生かしていかないとね。

 この1500円の損失を、いつまでに回収できるかも楽しみです。(負け惜しみです)
posted by みつひろ at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ¥超簡単 株入門¥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月21日

ついに株購入!…したけど、この後どうしよう?

 
 前回の教訓を生かし、売買のある程度盛んなところの株を選びました。今度は株価と、気配にも注意することにします。

 ここではじめて登場する“気配”。ふっふふ、ご存知無い方のためにご説明しましょう。

 気配には2つあります。売り気配と買い気配。

 ・売り気配 → 証券市場において、売却の注文に対して、これに見合う買付けの注文がなく、値がつかない状態のこと。「ヤリ気配」とも呼ぶ。

 ・買い気配 → 証券市場において、買付けの注文に対して、これに見合う売却の注文がなく、値がつかない状態のこと。

 <野村證券 証券用語解説集より>(http://www.nomura.co.jp/terms/index.html

 威張っておいて、野村さんのご説明なんですが。にしても、「ヤリ気配」って響きがなんだかイヤラシくてちょっと…好きです。

 で、なんで気配を気にするかというと、たまたま目についたから。株について右も左も分からない僕が、気配について最初から知っているはずがありません。とりあえず目についてものから調べる。これが実践で身につけるということです。

 でも実際、気配を見てても僕には意味が無かった(よく分からなかった)ので、見るのやめました。あーあ、せっかく説明までしたのに。

 さてさて、そうこうしているうちにも株価は変動していきます。F社の株価は、注目した日から上がったり下がったりを繰り返していました。今はちょうど下がりはじめてから3日目。そろそろ上がる頃だと思った僕は、すかさず現在値で注文!前回とは違うところを見せます。

 注文も済み、ドキドキしつつ待っていると、携帯にメールが!

 「約定しました。」

 株の売買が成立すると、約定メールを送ってもらうように設定してあったからなんですが、実際にメールが届くと感動ですね!ちゃんと買えたことにも感動。

 しばらく悦に浸っていましたが、ふと我に返ります。

 買ったけど、これからどうしよう…

 買ったはいいけど、いつ売ればいいのか、その間に何をしていればいいのか。なにもわかんないんです。着陸の仕方が分からないのに飛行機を飛ばしてしまいました。なんとかしないと株価も墜落。破産の危機だ!

 誰かに操縦変わってもらおうかな、なんてね。
posted by みつひろ at 17:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ¥超簡単 株入門¥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月19日

株ってこんなものです。

 
 とは、株式会社が発行する株券のことを指す。(と思う)

株ョ会ミのしくみ.jpg
<↑クリックするとちょっと大きくなります↑>

 上の図のような感じで、「儲けが出たら分け前あげるから、投資してくださいよ。」というのが株式会社。
 そのとき投資した人に、証明として渡されるのが株券
株券発行.jpg


 これが株の元々のしくみ。
posted by みつひろ at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ¥超簡単 株入門¥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

売る側と買う側の意見が一致したとき、売買が成立する。商売ってそういうもんだろ?

 
 前回、指値で株を買うことができずに悶々としていた僕ですが、株の仕組みがどうとか言って、今回まで引っ張りました。こんな演出いらないですよね。僕だってやりたくてやったわけ…なんですが、計画性が無いことでは他者に引けを取らない僕は、はやくも窮地に立たされております。やっぱり一回で完結させるのって重要ですね。でも頑張るぞー。

 ではまず、株が買えなかったときの状況をご説明。

 @僕がNIKKEI NETで株価を調べたときのF社の株は、450円でした。
 Aこの株は値を下げている最中でしたが、もうそろそろ上がり始めると踏んでいました。
 Bそして注文。指値は446円。
 C待ちぼうけ。

 とまぁ、早い話が「指値を安くしすぎただけじゃん。」ということなんです。でもガッカリするにはまだはやい!これって初心者が陥りやすいミスだと思うんです。(陥ったのは僕だけかも知れませんが)

 何かといえば、僕は「注文すれば自動的に株は手に入る」と漠然と思っていました。あちゃー。
 そりゃ法外な値段じゃ無理だってことぐらいは分かってましたけど、現在値の±5円くらいの誤差なら余裕でアリだと思ってたんですよ。ところがどっこい!全然買えないじゃありませんか。そこで色々調べたら気づいたわけです。

 F社の株を取引してる人が少ない…。

 「え、取引してる人が少ないのと、株が買えないのって関係してるの?」と思った人、僕と同じ初心者だな?

 株の売買って言うのも他の売買と同じで、買う人と売る人の思惑が一致したときに売買がなされるわけです。例えば、

 トオルさんはW株を500円で売りたい
 ミキオさんはW株を500円で買いたい

 となれば、トオル−ミキオ間で取引は成立。めでたしめでたし。
 しかし、Cさんは499円で買いたいのに、誰も499円で売らないので買えないというわけ。

 取引をしている人の数が多ければ、

 トオルさん500円で売り
 サクラさん499円で売り
 アモンさん498円で売り
 シラクさん500円で売り

 売りたい値段もバラバラです。お好みの値段で買うこともできるかもしれないのです。
 Cさんはめでたくサクラさんと取引成立〜。ウレCー!いや、買いCー!

 というわけで、また一つ大人になった僕は、さっそく取引の盛んな株に切り替えようと思いつつ、そんな株は手の届かない位置にあることが多いと気づくわけです。あちゃー。
posted by みつひろ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ¥超簡単 株入門¥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

値はたしかに動いてる。でもその波に入れないよー!

 
 株価の動きをチェックすることができるようになり、上がったり下がったりを繰り返す株価が、さながら波のうねりのように見えてきた。僕らは無名のサーファー。うまく波に乗るくらいじゃ、上へはのし上がれない。いつ来るともしれないビッグウェーブに乗るんだ。みんながアッという波乗りをしてやるんだ。

 じゃないと、資金が増えていきません。5万円ですから…。

 絞った2社の動向を探り(と言っても株価をノートに書いてるだけですが)、ようやっと1社に決めました。ここまでとても長い道のり。もうすぐ憧れの株運用ができるかと思うと、感無量であります。

 決めたとなると、すぐに買わないと気がすまないのがB型。というわけで、僕もすぐに買いに走りました。(と言っても本当に走ったわけではなくて、真実はネット証券のページにアクセスしている最中に小躍りしていました)

 現在の株価をチェックしてから「注文」の画面へ進むと、色々と入力するフォームが表示されています。
 まず戸惑ったのが、「通常」と「逆指値」の違い。逆指値というものを知らないので、とりあえず無視。一般人は通常に限りますよね。
 それと「指値」と「成行」。フォームを見ているとなんとなく分かるんですが、自信が無いので調べました。

 指値 → 自分で買いたい(売りたい)値段を決める。
 成行 → 自分では値段を決めない。流れに身を任せる。

 どっちの方が良いんでしょうねぇ。普通は悩むところですが、今日の僕は違います。瞬時に指値に決定!なぜなら、買おうとしている株がジャスダックだったからです。僕が口座を作った証券会社では、ジャスダックは指値取引しかしていないとのこと。こりゃ決める手間が省けて良いわ。

 とりあえずフォームの入力はすべて出来るようになったので、買い注文。『注文受け付けました』とのこと。

 こーんなに簡単に買えちゃうのか。

 とルンルン気分でいたのもつかの間。一向に株を買ってくれない。2時間ごとに取引の照会をしているのに、ずっと注文中の表示が…。「ちゃんと仕事しろよー!」と証券会社に電話しようかと思いましたが、僕は紳士なのでそんなことしません。(紳士とは勇気が無い人のことを指します)

 結局この日は株を買うことができませんでした。しかしガックリしつつも原因を探り、やっと分かりました。僕は株の仕組みをまだまだ理解していなかったんです。

posted by みつひろ at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ¥超簡単 株入門¥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月11日

はじめにちょっと聞いてくださいよ。

 
 どうしようもない初心者の僕ですが、こんなコーナーを立ち上げることとなりました。これは皆さんのためと言うよりも、むしろ自分のためなんです。記憶力に問題のある僕は、せっかく覚えた株の仕組みや知識をすぐに忘れてしまいます。そこで、忘れないうちにまとめて、ここに書いておけば、後々便利だというわけです。

 元来めんどくさがり屋の僕は、とことん突き詰める具体的表現よりも、「テキトーにこんな感じでしょ。」というような抽象的表現を好みます。ですから、ここにまとめる内容も大胆かつ極端(大雑把と言います)、基本的なことが大まかに理解できること請け合いです。(漠然としか理解できません)

 なにぶん初心者なもので、間違いがあったり、ヤバい事を載っけてしまったりするかもしれません。そんなときは、先輩方の優しいご指摘をお待ちしております。(先輩となる方々はこんなブログを見ないという現実)

 それでは、まったりとスタートしていきます。
 ゴー!株ゴー!(なんじゃそりゃ)
posted by みつひろ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ¥超簡単 株入門¥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見つけよう、自分なりのやり方。

 
 「株を買う前に様子を見てみよう」と思い立った矢先、重大な問題に気づく。それは様子の見方が分からないということ…。

 株価なんて3ケタ4ケタの数字だけじゃないか。

 と軽くみていたのですが、甘かったです。世の中にはこんなにも色々な様子の見方があったのですね。いやはや、どこを見れば良いやら。目のやり場に困ります、うは。


 出入り口を塞がれた迷路に迷い込んだかに見えたが、一冊の本が私を救ってくれたのだ。


 いきなりすいません。ちょっとカッコいい事言いたかったんですけど、失敗しました。

 色々なチャートやらグラフの見方が分からないので困っていると、その本に超簡単なやり方が書いてあったんですよ。その方法ってのは、毎日ノートに、終値を書いていく。それだけです。ね、簡単でしょ?
 その本っていうのは小説なんですけど、どうやらこの方法でかなり株価に対する目が養えちゃうらしいですよ。

 でも僕はそのさらに上を行きます!なんと、ノートに 始値、最高値、最安値まで記録しちゃいます!「牛丼に卵までつけちゃいました」みたいなことで揚々と宣言してる自分に悲しくなってきます。

 でもでも、中身を見てください。ちょっと凝ってるんですよ。下の図1がノートの中身です↓

株入門6図1.jpg

 どうだ、すごいだろ。カラーだぜ!

 説明するまでも無いとは思いますが、「トヨダ自転車」と「MTT」が会社名で、その下の行から株価が書いてあります。一番左は日付。株価は左から、始値、最高値、最安値、終値となってます。
 ここで注目なのが、色ペンで書いた数字。ここが我々が独自に開発したシステムなのである。
 終値を上から見てもらえばお分かりいただけると思いますが、

 前日よりも終値が高ければ
 前日よりも終値が安ければ
 変わらなければ黒のままでーす。

 これで見易さ格段にアップ!我ながらナイスなアイディアだと、一人ニヤニヤしております。いつまで続くかだけが心配です。

posted by みつひろ at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ¥超簡単 株入門¥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

どの銘柄にしようかなー。

 銘柄選びってかなり迷いませんか?日経新聞見るとね、バーッと2,3ページに渡って数字の羅列じゃないですか。あんなの見てても選びようがないっての。
 でも僕の場合は比較的少数の株に絞ることができます。なんせ5万で株買おうとしてますからね。買うことのできる銘柄を探すだけで絞れてしまうのです。すっごい少なくなりましたよー。

 そんな参考にならないことはさて置いて、銘柄選びのポイントというのがやはりあるそうです。本とかインターネットで調べてみると…

 自分にとって身近な会社が一番です。

 とのこと。知ってる会社は全部高くて買えないという現実。

 そのほかにも、話題性のあるとこだとか、社長が良い人そうなとこだとか色々ありました。んで僕が選ぶ基準にしたのはこちら。

 ・買えること       → 切実です…。
 ・売買される株の量が多い → 取引盛んな方が活気があって良いや。
 ・株価の変動が激しい   → 安定してると得するのに時間がかかりそう。

 最初に選ぶときは、ほんとにこの3つの条件でしか探しませんでした。
 それで、いくつかピックアップしたら、それぞれの会社のホームページへ行って色々見るんです。
 最初は真剣に見るんですが、段々めんどくなってくるんですね。もう3社目に入ると、トップページを見てハイおしまい。トップのデザインセンスだけで決めるようなものです。

 そんなこんなで2社まで絞りました。

 「むむむ、5万円じゃ1社分しか買えないではないか…」

 どちらも捨てがたかったので、とりあえず二つとも動きだけチェックすることにして、今日はひとまず様子見。ってちょっと待て。様子の見方が分からないじゃないか!

 弱ったなー。
posted by みつひろ at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ¥超簡単 株入門¥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。